美味しい餃子の焼き方その2

ちゃんと写真を用意してから・・・なんて思ってた時代が私にもありました!

うん、撮るの待ってたらまた1ヶ月経っちゃう!!

って事でとりあえず文章だけでご説明してみます。

後日改めて写真を撮影して文章の合間にでも入れ込もうと思います。

では、古くなったフライパンでも無駄に焦げ付かずに焼く方法です。

最初にご用意頂かなくてはいけないものがあります。

それは「クッキングシート」です。

よくマーケットとかで売ってるようなので十分です。

クッキーとかを焼くとかに下に敷くアレです。

ご用意頂いたら、まずはフライパンにかるーく少量の油を伸ばしてその上に長方形に切ったクッキングシートを置きます。

 

 

「後日ここに写真が入る予定です」

 

 

この時、フライパンの両サイドはクッキングシートがかかりません。

丸いフライパンの中心部分に長方形のクッキングシートを敷くイメージですね。

その上にこれまたごく少量で結構ですので油を敷きましょう。

後は通常通りよくフライパンを熱して同じように焼くだけです。

クッキングシートがでこぼこで表面がダメになったテフロンの代わりをしてくれると言うわけですね。

さらにもうちょっと綺麗な焦げ目が付かないか?冷凍状態ではどうか?について次回お話させて頂きます。

お楽しみに!